作業者

クロス張替えで住宅をリフォーム|美しさを求めるなら業者へ依頼!

このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. ホーム
  2. 慌てずに見定めましょう

慌てずに見定めましょう

洗濯機

洗濯は毎日のように行うため、いざ洗濯機が故障すると早急に修理が必要になります。洗濯機の修理には電源が入らない、電子パネルを押しても動かないといった電子部品の修理の場合には専門の業者に依頼することになります。また、洗浄からすすぎ、脱水といった一連の動作を途中で洗濯機が止まってしまう事例も多数あります。これは洗濯機に一連のプログラムが入力されており、次の動作に行くときにエラーが生じて動かなくなります。修理する前にパネルでエラー表示が出る場合には、取扱説明書からエラーの意味を確認しておくと業者へ依頼する時に対応が早くできたり、必要な部品をあらかじめ用意してくれることがあります。まずは慌てずにエラーの確認をしてみましょう。

洗濯機の修理に多いのが水周りに関するトラブルです。水が注入できない、脱水ができない、水漏れがするといった事案です。慌てて業者へ連絡する前に一つずつ確認をしておきましょう。水が注入できない理由に水道の元栓を閉めたまま洗濯機を動かしている場合があります。また、脱水ができない理由には排水パイプが目詰まりを起こしていて、上手に脱水ができない事もあります。日頃から洗濯機のメンテナンスを行うことで事前にこのような初歩的なミスを防ぐことができます。水漏れは早急に対応しないと家屋に影響を与える場合もあるため、至急修理の手配を行いましょう。少しの水漏れだからと気楽に考えていると床一面に水が広がる場合もあります。心配な場合には事前に洗濯機の下に水漏れ防止のトレーを敷くのも良いでしょう。